当園のご案内

概要

園名 エムポリアムこども園
所在地 〒963-8878 福島県 郡山市 堤下町5-15
TEL 024-932-1048
FAX 024-922-2731

幼稚部クラス編成

年齢 クラス数 クラス名 定員
年長児 2 ゆり 25名
さくら 25名
年中児 2 うめ 25名
もも 25名
年少児 2 きく 25名
すみれ 25名

保育部クラス編成

年齢 クラス数 クラス名 定員
2歳 1 つき 18名
1歳 1 にじ 12名
0歳 1 ほし 6名

沿革

昭和45年 幼児教育の重要性を認識、現在地郡山市堤下町6-9にエムポリアム幼稚園を開設。<清く、正しく、強く、明るく>を基本的な保育指針として、豊かな人間形成をめざしスタート
昭和45年 園歌が出来、発表会を開催する。
  作詞 柳沼まこと(元本町郵便局長)
  作曲 須磨洋朔 (武蔵野音大教授)
昭和45年 週一回水曜日に給食開始
昭和46年 共働き世帯の支援に延長保育を開始する。
給食実施回数を週4回とする。
昭和46年 児童画教室・オルガン教室を全児童対象に週1回行う。
三学期は児童画教室にかわって英語教室を行う。
昭和47年 固定遊具「ウルトラ・ユニオンサークル」を園庭に設置する。
昭和47年 園児の増加により、運動会を橘小学校校庭にて実施する。
昭和48年 園児の増加により、園庭南側に二教室(64.59㎡)増築
昭和48年 完全給食を実施する。
昭和52年 学校法人となる。
昭和53年 郡山市並木1丁目20-4にエムポリアム保育園を新設
園児30名でスタートする。
平成14年 エムポリアム幼稚園園舎を全面改修する。
平成17年 郡山市の認可を受けエムポリアム並木保育園に改称する。
平成20年 教員の定員を6名から7名に増員する。
園庭にコンビネーション遊具を新設する。
平成22年 郡山市堤下町5-15に園舎新築移転
平成23年 東日本大震災発生(3/11 PM2:46)
東京電力第1原子力発電所1・3号機水素爆発
園庭の放射線量3.7μSv
入園予定者及び在園児自主避難の為退園・休園者が急増
退園者約25名 休園者18名
平成24年 ひまわりバス新車入替・すずらんバス増車 計3台で送迎開始
平成24年 放射線対策の為、園庭に屋内砂場を増設し一般開放を実施
平成25年 郡山市内の園児数が原発事故により1000名減少
当園は、定員120名に対し127名でスタート
平成25年 リースからたんぽぽバス自園で購入
平成29年 スクールバス位置情報システムの導入(PTA寄贈)
認定こども園移行のため、幼稚園西側隣地取得
平成30年 認定こども園建設着工
平成31年 幼保連携型認定こども園開園

学校法人 エムポリアム学園

エムポリアムこども園
エムポリアム並木保育園

〒963-8878
福島県 郡山市 堤下町5-15
TEL.024-932-1048
FAX.024-922-2731

TOPへもどる